いきものきろく
爬虫類・両生類・魚類・奇蟲など 日々の日常飼育風景を不定期UPしています!
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告と進捗
こんばんは。

久しぶりの更新です。


最後の更新は2月末でしたので、広告も出ていた事でしょう。


仕事柄、年度末は日付が変わっても仕事が終わらず帰れないという状態で、

今年も仕事量は例年通り莫大な量があり、日々日付が変わるまで、残業をこなしておりました。


ハイ、これは更新を怠っていた言い訳です。



昨年も忙しさは同じ位でしたが、更新は数回はしていたと思います。









今年は6月、母親に大病が発覚し、例年以上に忙しい日々でした。

所々おかしな応援メッセージが入っていたブログ内容は、

面と向かって励ます事が恥ずかしかったので書き込んでいた内容でもあります。

本人も含め、家族はこのブログを書いている事も知りませんので、

だだの自己満足ではありましたが・・・





そんな母親も今月頭に帰らぬ人となりました。



悲しいです。





まあ、ここはあくまでも、私も飼育している生き物のブログですので、

上記の報告は更新していなかった言い訳として、聞き流して下さい。



本題はこれからです。

今回の事で、考えた事を書こうと思います。


いま、このブログを書いている私の部屋には、蛇2匹、ヤモリ4匹、亀2匹、魚8匹

さそり1匹、ムカデ1匹、ヤスデ1匹、ゴキブリいっぱい っと飼育しています。



私も20代の頃、やはり大病を患っています。
約1年の闘病の末、完治?して今生きていますが・・・


もし、自分に万が一の事があった時、この子達はどうなってしまうのだろうかと。



家族はこの部屋にいる生き物の存在は知っていますが、飼育方法は知らないはずです。



こんな事を言い出したら、何も出来なくなってしまいますが、

今まで以上に『死』と言う事を考えるようになりました。


先にも書きました様に、このブログの存在は家族は知りません。

万が一の時の為に、それぞれの飼育方法を紙媒体で残して置こうかと思います。
冷凍庫の奥底にマウスがある事を知ったら倒れ込んでしまうかも知れませんが・・・



こんな事を書いておきながら、夏のJRSでは、『可愛いー!』と言いつつ、また増えてしまう予感もします・・・









5月下旬に四十九日法要が終わりますので、その後からまた、更新を再開する予定です。

只今、元気充電中です。しばらくお待ち下さいーー!

IMG_5155.jpgIMG_5154.jpg

飛び出ていた!
こんばんは。



最近、中々見かけないと思い、土を穿り返していたら、


IMG_4880.jpg


ケツから卵鞘が飛び出ていた。




にほんブログ村 その他ペットブログ 奇蟲・ゲテへ
産まれて来たら嬉しいな。
訃報


本日、朝起きましたらシシバナが水入れの中で死んでいました。



頬の腫れも引いて体もふっくらとしてきて、昨日までは普通に這いずりまわっていたのに。

目は見えていないので、水入れのタッパーの蓋は付けずに置いてあったのですが

小さい水入れの中に全身が浸かっていました。



とても悲しいです。











その②
こんにちは。

昨日の続きです。


今回も、いきもの出て来ない&画像多めです。


では、早速・・・




暖突を下に置きます。
この為に、ガラスを敷いていたのです。

IMG_4839.jpg


そして、これ。PCのCPUを冷ますファンです。

IMG_4840.jpg

この、裏のヒートシンクで暖突の熱を吸い取り温かい空気にしようという魂胆です。
(ノートPCの横から温かい空気だ出ていたので思いつきました!)

IMG_4841.jpg

そして、置く!

IMG_4842.jpg

次!湿度を上げる為に前回はコーヒーフィルターを漬けておきましたが、

すっぽんの隠れ家に使っていた植木鉢の皿が丁度いいのではないかと思い、採用です。

IMG_4843.jpg

そしてまたPCファン登場!

これで、風を当てて湿度を稼ごうかと。

IMG_4844.jpg

倒れないように、足を付けました。上向きにする為に前にはワッシャーを噛ましています。

12V用ですが、風量が強かったので、5VのACアダプタに繋げちゃいました。

IMG_4845.jpg

設置するとこんな感じ。

IMG_4846.jpg

前回、センサーに付けていた網を温度計に付けて

IMG_4847.jpg

ここに置く。卵と同じ場所に置けば、正確な温度が把握出来ると思いまして。

転卵ストップまで蓋や扉を開けない予定です。転がって目盛りが見えなくならないように転がり防止で網付けました。

IMG_4848.jpg

コロコロマシンを入れるとこんな感じ。

IMG_4849.jpg

横から。

IMG_4850.jpg

ごちゃごちゃしているコードも1箇所から出す為に切れ込みを

IMG_4852.jpg

これが、唯一の隙間です。今回は保温重視!!

IMG_4855.jpg

全体像。

IMG_4853.jpg



コロコロは2時間おきに2秒動くようにしています。

暖突とヒートシンク付きのファンはサーモに繋いであります。

サーモの設定は35度までしか目盛りが無いのですが、設定ダイヤルは37度付近まで回るのでいっぱいまで回してあります。

5Vに繋いであるファンは空気循環する為に常時回しておきます。
















6時間試運転しました。
















温度計、2個とも30度までしかいきませんでした。



失敗です。










にほんブログ村 その他ペットブログへ
↑ぽちっと     ↑ぽちっと
励ましの為にも押して下さい。
孵卵器温室作成 ①
こんにちは。

いきものの写真0枚です。 が、画像多めです。








ウズラ・・・  連続の孵化0を回避する為に、温室をパワーUPさせようと思います。



前回、割ってみてドロドロのままの物や、固まってしまった物が有ったのは、

暖突の真ん中真下は高温になっていて、少し外側に外れると、

もう暖突の遠赤が届いていないからではないかと、推測したのです。

だから、完全な温室を作り、『温室の中なら何処でも暖かい』を目指して作成します!!


IMG_4824.jpg

スタイロ、買ってきました。

これで観察面以外は覆います。





まずは、奥と底。
(因みに、天井の空気用アルミパンチ部分は前回の時に取っちゃってます)

IMG_4827.jpg

今回は、下に暖突を置く予定ですので、蓋のガラスを、底のスタイロの上に敷いています。

これなら、暖突が熱くなっても、大丈夫だと思う・・・。

前面の空気穴も忘れず、ぎっちり嵌めこみ塞ぎます。

IMG_4828.jpg

左壁用

IMG_4829.jpg

ハイ! ピッタリ!!

IMG_4830.jpg

去年、暖突の足にしていたステーが有ったので、100均温湿度計に付けて

IMG_4831.jpg

こうやって、使ってみようかと。

IMG_4832.jpg

天井のスタイロで挟めばガタ付かず、OK!

IMG_4833.jpg

そして、コロコロ転卵マシーンの足を作成
下に暖突置くからね!

IMG_4837.jpg

ネジで足を作れば、水平の調整も出来るので、丁度いいです。

IMG_4834.jpg

ぶつけた拍子にグラっとならない様に、大ワッシャーを使いました。

IMG_4835.jpg

後ろの足もネジで作る予定でしたが、道具箱の中に長いネジが無かったので、ステーを曲げて足にしました。
(今回、買った物はスタイロだけで、残りの部品は道具箱の中に転がっている物で作成です。^^)

前のネジで傾き調整は出来ますが、絶対にカタカタしない3本足仕様です。

IMG_4836.jpg

そして、また懲りもせず水槽用サーモを使います。

なるべく卵と同じ高さで測る為、ここにもステーを活用してセンサー付けました。

IMG_4838.jpg



今日はココまで。






次回は・・・

暖突は赤外線を放射して生体を暖める方式ですが、『空気を暖める』へ変換と

湿度を上げて室温をなるべく均一にする工夫をしていこうと思います。







にほんブログ村 その他ペットブログへ
次回②が楽しみな人は 押して下さい!


プロフィール

 nao

Author: nao
自室でセコセコ飼育している日常をUPしていきます!
爬虫類・両生類・魚類に蟲まで!!
気軽に何度でもお立ち寄り下さい。
コメント・質問 お気軽に♪
リンクは大大大歓迎っす!!

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。