FC2ブログ
いきものきろく
爬虫類・両生類・魚類・奇蟲など 日々の日常飼育風景を不定期UPしています!
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様々な後悔。
こんばんは。

今回の記事は批判を受ける覚悟で書いていきます。







あれ?なんか太ったかな?と思い始めたのは、11月中頃だったと思います。



今、思えば、これが最初に私が気づいた兆候だったのです。



餌は10月24日にピンマL1匹を食べたのが、最後でしたが、それまでは、コンスタントに食べていましたので、

『プチ拒食に入ったかな~?』程度に考えていました。



12月初め頃、通常よりも目が濁っているな、とも思いましたが、

すぐ12月中頃、脱皮しまして、目は元に戻り、12月19日にはピンマM2匹翌日の20日には追加で1匹食べました。



やっぱり、拒食と脱皮が重なっていたのかな?

初めはスリムな顔立ちだったのに、やけに丸顔になってきたな。

と思った数日後、ほっぺたの鱗が剥がれてボロボロになってきました。



しかし、年末と年始は仕事関係も含め、かなりの忘年会、新年会が入っており、あまり世話も出来ず、

年が明けた頃には、目に膿が溜まってしまっており、ほっぺたもパンパンのガサガサになってしましました。



年始の仕事が一段落して、1月8日、近所の動物病院に連れて行きました。

その時の状況としては、外見は最悪ですが、動きなどは、普段と同じ様に、水も飲み、良く動き回っていました。

ただ、目に膿が溜まってしまっていたので、周りは上手く見えていなかったかもしれません。

ただ、明るくするとシェルターに入って行ったりしていたので、全く見えない訳ではなかったと思います。

前日に脱皮をしかけていたのですが、頭だけ脱げて首の所で止まってしまいマフラーをしている様な状態です。

脱皮不全です。



先生に診てもらって、

『膿がかなり溜まっている。脳まで達しているかもしれない。目も見えなくなる可能性もある。』

との事でした。

取り合えず、1日様子を見たいので、1日預けて明日電話をするようにとの事でした。



翌日、電話をしたら、あと少し預かりたいとの事。

私も、1日預けると1万位と聞いていたので、連休明けまで預けると、自分の小遣いで足りるか心配でした。

しかし、そこまで金額は張らないと説明してもらい、連休明けまでそのまま預けました。



13日、迎えに行くと、まず説明でした。

まず、初めの頃は全く動かなかった。3日目位から少しずつ動いていた。

水は飲みません。栄養剤をチューブとシリンジで少しずつ飲ませていました。

口の中の菌はかなり削った。

片目はもう治りません。

薬を出しますが、口の中はまだ塗らなくていいです。目に塗って下さい。

取り合えず、家では出来る限り水を飲ませていて、様子を見てまた、通院して下さい。

と言っていました。


私がマウスのミンチを食わしても良いか?と聞いたら、いいよとの返事。

そのまま、会計になり、先生は奥に行ってしましました。

会計の時に、受付の人に、数日間どんな治療を行っていたのか詳しく聞いたいと伝えたら、また先生がきてくれました。

数時間毎の栄養剤を飲ませていた事と、筋肉注射を2回打ったと教ええてくれました。

そして、私がポンプを使った強制も出来ると言う事で、栄養剤とシリンジをくれました。



そして、5日ぶりの対面です。

ビックリです。ガリガリです。背骨が浮き上がっています。目もボロボロです。2週間前にピンマ3匹食っていたのに・・・

でも、年末年始の頃から急速に容態も悪くなっていってたので、ショックではありましたが、

先生たちも最善の手当てをしてくれたのだろうと思い、

『今週、自分で頑張って世話をして、来週また来ます。』と伝え病院を出ました。



でも、でも、やっぱり、ショックでした。



車の中ですぐにプラケから出し、顔周りを良く見ようと手に取ったら、すごく冷たい。

『え!?』です。保温してくれていたのか???

良く見たら、8日に預けた時のまま、脱皮の皮すら首まで剥けてのそのままの状態です。

仕事中抜け出して迎えに行っていたのですが、速攻家に帰り、取り合えず温室へ



仕事が終わり、帰宅後水をあげて見た所、



なにこれ?すごく飲むんだけど・・・

なぜ、水を飲まないと言っていたのか?

やっぱり、保温していなかったのかな?と、

この後、温浴させて、脱皮の皮も全て脱がせました。



この時点で、『自分で調べて治療しよう』と決めました。





一応言っときますが、病院の批判をしたいわけではないのです。

こんな小さな蛇ですし、病院での最善を尽くしてくれていたと思いますし、

実際は、こんなになるまでほって置いたのは、私ですし・・・

ただ、  ただ、腑に落ちないモヤモヤが・・・

 




取り合えず、記録として写真を撮っておく!


(1月22日撮影)

19日にポンプでピンマM1/4を食わせてこの日ウ○チもしていました。






右目はもうダメでしょう。

左目は目の隅に穴を開け、膿を絞り出しています。



下から




右側




左側




長生きしてほしい。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://naoendlicheri.blog.fc2.com/tb.php/134-a4d5cbf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 nao

Author: nao
自室でセコセコ飼育している日常をUPしていきます!
爬虫類・両生類・魚類に蟲まで!!
気軽に何度でもお立ち寄り下さい。
コメント・質問 お気軽に♪
リンクは大大大歓迎っす!!

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。